レゾネーター

New

レゾネーター

RESONATOR

高周波数(12000rpm)とコンピュータ制御によって実現した世界初の無振動杭打ち機です。 打設中の杭のすぐ横に水の入ったコップを置いても、コップの中の水は振動しません。 衝撃を与えて打ち込むインパクトハンマーや振動の力を利用するバイブロハンマー、杭を押し込む圧入機とは原理が異なり、土壌が持つ周波数に合わせて、コンピュータ制御によって杭を共振させ続けることで杭自体が僅かに上下に伸縮し、その繰り返しによって杭を打っていきます。振動に敏感な都市部や、精密機械のある場所での工事にご使用いただけます。

共振技術
ゼロの振動が必要な場合
共振技術の導入により、基礎工学の世界に新しい時代が到来しています。
PVE Resonator RD260を使用することで、都心部のプロジェクトなどの繊細なアプリケーションにゼロ振動ソリューションを提供します。

原理
共振技術は、100〜180Hz(6000〜10000rpm)で動作する高周波ピストンシリンダ装置を用います。 振動技術と比較した主な違いは、偏心質量がないことです。 音の周波数は鋼を共振させ、杭は振動なしでそれ自身を駆動するバネのように働きます!
Resonatorは、いくつかの点で革新的です。
•機構は偏心質量を使用するのではなく、特殊なバルブを備えたピストンおよびシリンダで構成されています。したがって振動シャフトベアリングはありません。
•新技術によって、その共振周波数(または自然周波数)で杭を振動させて、加速と力のレベルを上げることができます。
•独自のアルゴリズムを使用して、ドライバー周波数を杭と土壌の共振周波数に一定に調整します。アルゴリズムとピストンシリンダーの形状はどちらも特殊です。
•ピストンシリンダ構成は、振動の振幅を規定する調整可能な流量とは無関係に、周波数の迅速な調整を可能にし、圧力は振動の力を規定します。
•運転中の地上振動を排除することにより、共振器は伝統的構造物、輸送リンクまたは主要設備に隣接していても理想的なツールになります。
•共振器は、地面の振動を​​ほぼゼロに低減します。振動モニタリングは、共振器が地震の振動を最小限に抑え、世界で最も厳しい都市の振動要件を十分に下回ることを証明しました。

レゾネータは、運転開始時と終了時にも都市の振動レベルを超えないことを保証します。 幅広いパイルを駆動するためにさまざまなサイズを必要とする従来の装置とは異なり、共振器ドライバは幅広いパイルと横断面で簡単に使用でき、 資本コストを削減できます。その他の利点には、消費電力の削減と排出量の削減があります。
(COMING SOON!!)

詳しい資料はこちらよりご覧ください

詳細な資料はこちら

  • バイブロハンマー

    高い起振力と汎用性

    ボタン
  • パワーショベル装着型

    パワーショベルの機種に合わせて最適なモデルをご提案

    ボタン
  • レゾネーター

    世界初の無振動杭打ち機

    ボタン
    New
  • サイドグリッパー

    シリンダーを用いた直線的なクランプ

    ボタン
    New

お問い合わせ

CONTACT

不明点・ご質問等なんでもお気軽にお問い合わせください